ヘアマニキュアを選ばない理由。

こんにちは、ミックの田中です。

$「自然で綺麗な髪」にこだわる大人の為の美容室【福岡市早良区の美容室 ミック】

ヘアマニキュアとは何なのか?
酸性カラーとも呼ばれる時もあります。
ヘアマニキュアというのは、爪に塗るマニキュアと同じように
毛の表面に染料を付着させて、色を発色します。
通常のアルカリカラーと呼ばれるカラー剤と違い
毛の内部に薬剤が浸透しないので、「痛まない」とか言われたり、
「黒髪を明るくする事ができない」と特徴もあります。

今から、約15年くらい前は「酸性カラー」という名前で出してる美容室が多くて、ほとんどのお客様が
ヘアカラーといえば「酸性カラー/マニキュア」だったような気がします。
そして、本題。
ミックで「マニキュア」をやらない理由というのは
皮膜系トリートメントと同じで、
髪の毛をコーティングするもの

だからです。
白髪染め単品で考えた場合、通常カラーよりも内部負担が少なく染める事ができます。
しかし
マニキュアが原因で、例えばそのお客さんが
「パーマをかけたい」
といわれた場合、薬が浸透しづらいので、薬の強さをあげなければいけません。
しかも
「マニキュア」の重さで、パーマがだれやすい。
よくありがちなのが、パーマとカラーを両方やると髪の毛が痛むから
カラーは「マニキュア」で!
という方もおりますが、次回パーマかける時には薬が強くなるから
痛みやすくなります。
しかも、それを知らずに繰り返していくと・・・??
結局、マニキュアもコーティングして、手触りを良くする為のもんなので
仕上がりは、痛んだ感じはしません(お客さん的に)
中には、
「私はパーマかけないから、関係ない」
といわれる方もいらっしゃるかと思いますが
「マニキュア」は本当に痛まないのか??
マニキュアして3ヶ月放置してみると、あら??
痛まないと言われたのに、毛がパサついた感じがする時ありませんか?
僕個人の経験からいうと
マニキュアも「痛む」
という事は
マニキュアに関していうと、メリットをそんなに感じないワケです。
ビビットな発色を求めるバンドマンみたいな色にしたいといわれれば
やるかもしれませんが、多分そんな方はミックを選びません(笑)
なので、まとめると
マニキュアのメリットは
髪の毛が艶が出やすくなる。
ビビットな発色が得意。
髪の毛にハリがでる感じがする(表面にコーティングするから)

マニキュアのデメリットは
毛が重たくなる。(ボリュームがでずらくなる。パーマがダレやすくなる)
パーマ液などの薬剤浸透がしづらい髪の毛になる。
自然な髪の毛の質感でなくなる。
カラーチェンジしずらい。
夏場など、汗で色落ちがしやすい。

って感じです。(個人的意見)
なので、メリットよりもデメリットが厄介なので
マニキュアを選んでいません。
「痛めずに白髪を染めたい」とか「痛めずに色を落ち着かせたい」という
オーダーには、ミックでは、「アロマヘナ」で対応しています。
最近じゃ、ヘナ単品じゃなく
アムラやアワル、ニームをブレンドさせて、
「純正ハーブカラー」に進化しました(笑)
ハーブエキス配合しただけの「なんちゃってハーブカラー」と
同じにされては困ります(笑)